子ども保険について

子供保険は子どものための保険なのですが、
子供といえば大学までいく場合、教育資金も必要になってきますよね。

子供保険貯蓄など、医療保障もあって貯蓄もでるとなれば家計も助かるものですよね。今は子供保険といえばほとんどが学資給付金などといったものがついているらしいです。

特に注目なのが郵便局子供保険だと思います。掛け金が一般の保険会社よりも安いといった面がありますね。それに貯蓄性の高さも人気の秘密だと思います。貯蓄といったらやはり郵便局JPの学資保険が有名ですよね。

他にもソニー子供保険で「5年ごとに利差配当付学資保険」といったものが販売されていることを知っていますか?やはり子供保険といえば病気や怪我の保障も大事ですが、貯蓄も重要になってくるんですよね。

ソニー子供保険の学資保険は、中学や高校、大学といった進学などに必要なとき資金を活用できるといったものなんですよね。内容的にはシンプルなものですがその分貯蓄性が高いということになってきます。

子供生命保険も学資保険もあまり違いはありませんが、契約者が万が一の場合、子供保険は育英資金といったものがあるのです。しかし、学資保険の方は貯蓄が途絶えてしまう、ということになりかねないようですね。新たにかけ直す必要があります。その点をよく考えた上で検討することも大切だと思います。

子供保険貯蓄え学資保険は満期の種類があるようです。どこの子供保険も同じだと思いますが、17歳・18歳・20歳・22歳満期があります。どの年齢を満期に設定するかによって掛け金も違ってきます。

ほとんどの人が18歳で満期としているみたいですね。中には大学進学のために祝い金がもらえるといったプランもあるために22歳満期に設定されてる方も結構いらっしゃるようです。

学資資金の場合は色々なプランを考えて満期などを設定したほうがいいと思いますよ。

普通に子供の進学資金をためるということは、なかなか簡単にいかないようです。子供保険で貯蓄を考えるなら自然とできるという点が良い点だと思います。

子供保険貯蓄でメリットがあるようにデメリットもあるようです。学資保険で掛け金が高いわりには受けと取る金額が少ないといった点ですね。子供保険を貯蓄として考えるなら、デメリットも考えた上で検討することが非常に重要になってきます。

元本保障であっても満期にもらえる金額は最初から決まっていますので、その時の状況により打撃を受けてしまう恐れもあるわけなんですよね。

そのこともよく踏まえたうえで学資保険を貯蓄として活用することが大切なのです。


posted by 子ども保険 | 子ども保険

最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。